福井で唯一チームワークで売上を上げる人材育成コンサルタント!社労士 初瀬川のブログ

最初は、個人に〇〇してもらうところから始めます!

人間関係と

ビジネスモデルに

革新を生みだす方法  Vol.463

 

 

 

福井で唯一

人間関係とビジネスモデルに

革新を生みだす社会保険労務士!

初瀬川です。

 

 

 

会議で

参加者からいいアイデアや意見を

だしてもらうためには?

 

 

 

こんな話を

前回書きました。

 

 

 

前置きトーク

 

 

 

これを

事前に使うことで

意見はでやすくはなるでしょう。

 

 

 

でも

それでも

なかなかいいアイデアって

でてこない・・・・

 

 

 

こんな場合に有効なのが

 

 

 

まずは書いてもらう。

 

ダウンロード

 

これを一番最初にやることです。

 

 

 

 

会議の時に

 

 

いいアイデアがある人は

発表してください。

 

 

 

こう言っても

なかなかでてくるはずがないんです。

 

 

 

 

なぜなら

個人で考える時間を

与えていないからです。

 

images

 

 

まずは

個人で考える時間が

必要なのです。

 

 

そして

それが

 

 

書き出す時間を

与えることとつながっています。

 

 

 

 

 

書くということで

頭の中が整理されていきます。

 

 

 

あいまいなものが

書き出すことで具体的に

なっていきます。

 

 

 

 

まずは

個人で考えてもらう時間を

与えること。

 

 

 

これが

意見を引き出す時には

大事です。

 

 

 

その上で

次に、隣同士や自分の前後の人達と

グループ内でシェアをする。

 

 

 

 

シェアをすることで

 

 

自分の考えが他人とずれていないか?

 

 

人はこう考えているんだ!とか

 

 

自分の答えは間違いないな!とか

 

 

 

こんなことが見えてくるし

確認できるようになります。

 

images

 

 

これが終わった後に

最後に全体シェア(発表)です。

 

各グループででてきた意見を

発表してもらう。

 

 

images

 

 

個人

 

 

グループ

 

 

全体

 

 

 

この流れが最も理想的です。

 

 

まずは

自分で考える。

 

 

グループで

答え合わせをして

再度自分の意見の正当性を確認する。

 

 

 

最後に全体で発表です。

 

 

 

個人→グループの

2つのステップを通過してきているので、

全体に発表するときに

急に誰かをあてたとしても

すぐ意見がでてきます。

 

 

すでに

ある程度考えがまとまってきているので

当然ですよね!

 

 

 

会議で議題について

考えるようなときは

こういうステップを踏むと

効果的です。

 

 

 

また

書き出すのは

A4用紙でもいいのですが、

 

A4用紙ではなく

付箋を

使ってもおもしろいですね。

 

 

 

グループシェアの時に

同じようなことが書いてある付箋は

1つにまとめる。

 

 

 

 

そうすると

必然的にグループの意見が

まとまってきます。

 

 

 

とにかく

書き出すことで

考えを整理する時間を作る。

 

 

 

これ、

とっても効果あります!

 

 

 

ぜひ

気になる人は

やってみてくださいね。

 

 

 

 

 

福井で唯一

人間関係と

ビジネスモデルに

革新を生みだす社会保険労務士!

 

矢印上下

 

会社の「仕組みづくり」にご興味がある方はこちらもどうぞ

 

 


コメントを残す

月別記事

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31